Medium 翻訳・まとめ

【 #STEPN 】「安全なマルチバースの構築」7/28 Medium記事 翻訳・まとめ

下記の記事は、本日の運営コメントになります。

【 #STEPN 】8/1 運営による最新コメントまとめ(最新情報) 下記の記事は、昨日の運営コメントになります。 https://monomoney-living.com/stepn_commen...

当サイトの内容については、無断転載(コピペ)を禁止しております。

当サイトを明記した上での引用(スクリーンショット・キャプチャ等)については、ぜひご自由にご活用ください

現時点において確定情報では無いものも含まれるため、今後変わる可能性がありますので、取り扱いにはご注意ください。

なお、本記事によって不利益を被ったとしても当サイトは責任は負いかねますので予めご了承ください。

この記事は、投資をおすすめするものではありません。

投資は、「DYOR(Do Your Own Reseach)」です。つまり、様々な情報を調べ手にいれ、多角的な情報を元に最終的に自分で判断し余力資金を活用して楽しみましょう。

情報やゲームの仕様、通貨レートなどは日々変わりますので、最新の情報を必ずご確認ください。

原文はこちらから

【STEPN 公式Medium記事】
「Building a Secure “Multiverse”: What Blockchain Can Do For The Metaverse」

https://stepnofficial.medium.com/open-letter-stepn-and-ape-realm-725f14b7f864(stepnofficial.medium.com)

内容

「メタバースとは何か」を理解しようとする二人の会話を想像してください。

メタバースってなんなんだーっ!?

人がアバターを通じて自分を表現して、共有された社会体験に参加できる仮想世界のことよ。例えば、「Second Life」や「Fortnite」、「Roblox」、「Club Penguin」みたいなものがあるのよ。

えっ、メタバースってそれだけなのかー?すでに存在しているんじゃねーか。じゃぁ、ブロックチェーンや暗号資産と関係ないのか?

さて、これは実に良い指摘です。
もし、人々が仮想世界全体に関わり、クリエイターエコノミー(※)に参加し、素晴らしいコンサートを思いっきり楽しむことができるプラットフォームが既に確立されているなら、メタバースとはどういったものなんでしょう?

※「クリエイターエコノミー」:クリエイターが自分の作品から収益を得ることができる、ソフトウェアを利用した経済。例えば、YoutubeやTikTokなど。

その答えは、これらのプラットフォームがブロックチェーン技術によって実現できることの先駆けでしかないことです。
この記事では、どうやってブロックチェーンとNFTが、メタバースを通じて私たちの生活に全く新しい価値を与えるものになるのかについて取り上げます。
メタバースの基本的な概念を探求したい方は、前回の記事からこちらをお読みください。

【 #STEPN 】「メタバースとは何か?」7/5 Medium記事 翻訳・まとめ 下記の記事は、本日の運営コメントになります。 https://monomoney-living.com/stepn_commen...

なぜブロックチェーン上にメタバースを構築するのか?

ブロックチェーンを定義するコンセプトは「分散化」です。中央集権とは、プラットフォームやネットワークに対して中央の権威が権力を持ち、コントロールすることを指します。例えば、国家内の中央集権は、政府になります。分散型はその逆で、権力と制御が複数の場所に分散していることを指します。

ここでは、集中管理型プラットフォームの例とその機能を紹介します。

銀行(Banks)

銀行は、あなたのお金の管理者として機能しますが、あなたがいつお金にアクセスできるかを決定することもできます。例えば、取引を遅らせたり、取引を凍結したりすることができます。

ソーシャルメディアプラットフォーム(Social media platforms)

Facebook、Snapchat、Tiktokは、そのプラットフォームを完全に制御しています。個人情報や視聴の好みなど、あなたのデータは彼らのものです。また、誰にでもその利用を禁止することができます。

オンラインゲーム(Online games)

Runescape(※1)やCS:GOなどのゲームには大規模なゲーム内取引システムがあり、ユーザーは装備やスキンなどのアセットを売買している。マイクロトランザクション(通貨、装備、アバターのアプリ内購入)の収益は、2019年に1090億ドルに達しました。しかし、これほど多くの金額がプレイヤーによって費やされているにもかかわらず、これらのアイテムはどれも実際にプレイヤーのものではありません。むしろ、それらは本当に中央集権的な権威、つまりゲーム会社に属しているのです。

※1「RuneScape」:イギリスのJagexが開発した多人数同時参加型オンライン・ロールプレイングゲーム
※2「CS:GO」(Counter-Strike:Global Offensive):2012年にリリースされたFPSゲーム

このような中央集権化(一元化)を批判する人たちは、中央集権化によって運営が大きな力を持ち、ユーザーが犠牲になっていると考えています。
基本的に、私たちは運営が私たちの個人情報やデジタル資産(お金など)を悪用しないこと、ハッキングやデータ漏洩、ユーザーに不利益を与える人為的なミスがないことを信頼しています。また、ユーザーに不利益をもたらすヒューマンエラーや、権力の乱用がないことも信頼しています。

もちろん、必ずしもそうとは限りません。ここでは、中央集権的なプラットフォームがもたらした様々な弊害の事例を紹介します。

  1. Yahooは2012年から2016年にかけて複数回ハッキングされ、すべてのユーザーの個人情報や重要なセキュリティ情報が漏洩しました。
    これは、集中化による一つの障害であることを示しています。
  2. Facebookは2010年代に8700万人のユーザーの個人データを同意なしに採取し、コンサルティング会社のCambridge Analyticaに売却しました。そして同社は、このデータ解析を悪用して、2016年のアメリカ大統領選に大きな影響を与えた。
  3. 2020年、モバイルガチャゲーム「マギアレコード」が突如、北米サーバーの閉鎖を発表した。プレイヤーからの苦情にもかかわらず、マイクロトランザクション(※)の払い戻し要求はすべて拒否された。閉鎖前に、プレイヤーにお金を使うように促すイベントがたくさんあったにもかかわらず、このような結果になりました。プレイヤーは突然、支払ったゲーム内通貨とアセットが完全に無価値となり、回復の見込みがないことを知ったのです。

※「マイクロトランザクション」:オンラインゲームなどで仮想世界の商品やサービスを少額で購入できるシステム

このような権力の濫用を規制しようとする法律がある。しかし、このような膨大なデータへのアクセスに伴う権力は、事実上プライスレスです。金銭的な罰金や弱い制裁では、巨大企業がユーザーの信頼を裏切ることを抑止することはほとんどできない。そもそも、なぜ被害が出るまで待つのか?

ブロックチェーン上でMetaverseを構築すると、信頼性とコンポーザビリティという2つの主要な利点があります。それぞれを順番に見ていくことにします。

信頼(Trust)

セキュリティの問題は別として、一元化するということは、意思決定権を一部の人に委ねるということでもあります。
先ほどの「マギアレコード」の例で言えば、開発者がゲームの終了を宣言すれば、一夜にしてすべてのアイテムが無価値になってしまうのです。また、ゲームの人気がなくなり、アイテムの需要がなくなった場合にも、このようなことが起こるかもしれません。

これはゲームの自然なライフサイクルの一部であると言う人もいるかもしれません。しかし、それは従来のプラットフォームに限った話で、アイテムを他のゲームやワールドに移すことはできません。

それを可能にするのがNFTの技術です。STEPNスニーカーのようなNFTは、ブロックチェーン上に存在するユニークなデジタル資産です。これは、同じブロックチェーン上の他の分散型アプリケーションにも存在することを意味します。例えば、仮想世界の装備品としてSTEPNスニーカーを見ることができる可能性があります。

グッチのメタバースで買い物をして、素敵なサングラスNFTを買うかもしれません。それを自分のアバターの衣装の一部として、バーチャル・ディズニーランドに持ち込むこともできます。あるいは、Enviro-ArtGalleryでアートNFTを購入し、屋久島のバーチャルランドで額縁に入れることもできます。NFTの中には、どんなゲームでも使えるようにデザインされたものもあります。ゲームデザイナーが好きなように使えるように、さまざまな属性を持っているのです。

ブロックチェーンは、資産の真の所有権を可能にします。

もはや、プラットフォームがデータや資産を保持してくれることを信じる必要はありません。その代わり、その力はあなた自身にあります。これはコンポーザビリティと呼ばれるもので、次に説明します。

構成可能性(Composability)

コンポーザビリティとは、「あるシステムの構成要素が、より大きな構造に組み替えられ、ある構成要素の出力を別の構成要素の入力とする一般的な能力」のことである。
レゴのセットのように、すべての部品が別の部品に接続できる必要があるのです。
本来、Web3ではオープンソース(※)の開発が推奨され、ソフトウェア同士を重ね合わせることができる。コードやアルゴリズムを一般に公開することで、イノベーションとコラボレーションの文化が育まれるのです。

※「オープンソース」:ソフトウェアを構成しているプログラム「ソースコード」を、無償で一般公開すること。 そうすることで誰でもそのソフトウェアの改良や再配布が行なえるようになる。 

なぜ、これほどまでに強力なのか、その理由を探るために、他の2つの概念を参照する。

  1. 複利は、アルベルト・アインシュタインが「世界で最も強力な力」と表現されました。複利は、もともとの投資に利息が加算されるものなので、これまでに得た利息も利息として発生する可能性があります。
  2. ムーアの法則とは、シリコンチップに搭載されているトランジスタが2年ごとに2倍になる、というものである。つまり、コンピュータは小型化・低価格化しながら、どんどん高性能になっていくのです。

上記とコンポーザビリティに共通するのは、指数関数的なパワーです。

つまり、複利の成長、技術の進歩、オープンソースソフトウェアは直線的なものではなく、常に時間の経過とともにさらに速く成長しているのです。

実際、Jon Radoff氏は、自身のMediumで、コンポーザビリティについて幅広く書いており、それが宇宙で最も強力な創造力であると断言しています。彼は、Dota(MOBAゲームへの道を開いた)(※1)やCounterstrike(※2)のように、ゲームの改造からゲーム全体が発展した例を挙げています。

※1「Dota」:ストラテジー(戦略)ゲーム
※2「Counterstrike」:対テロ特殊部隊とテロリストとの戦いをテーマにした対戦FPS

コンポーザビリティとは、あるメタバースから別のメタバースへ自由にアセットを持ち出すことができることを指すだけではない。メタバース同士を簡単にリンクさせるということでもある。それぞれのメタヴァースを互いに別々に成長させるのではなく、コラボレーションがうまくいけば爆発的に発展していくでしょう。

結論

現在、私たちは完全に実現されたメタバースがどのようなものかを開発する最初のステップにいます。現在のメタバースの進捗は最終形には程遠いですが、今日のイノベーターたちがこの技術を使って何をしているのかを見るのは非常に素晴らしいことです。ブロックチェーンがもたらす要素があれば、メタバースのイノベーションは無限に広がります。

ブロックチェーン技術により、無限のソリューションが開発される真の「マルチバース」を構築することができます。仮想資産が物理的な資産と同等の価値を持つようになり、メタバースは13兆ドル規模の産業になると予測される中、現在の開発と事例に注目し始めることは賢明なことでしょう。

これまでお読みいただいた内容はいかがでしたか?次回は、メタバースの現状と開発状況、そして今後の可能性について見ていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA